画像1 画像2 画像3

文林中学校の取り組み

1.少人数を生かした
丁寧な学習指導
少人数を生かした丁寧な学習指導
全学年の数学と英語で習熟度別少人数授業を取り入れ、生徒ひとりひとりを大切にした授業を行います。国語でも少人数授業やTT(チームティーチング)の授業を取り入れています。
 兼部出来る部活動 2.兼部出来る部活動
兼部のルールを緩和して運動部・文化部同士や活動日が重なっていても本人の希望があれば所属し活動することが出来ます。
3.JRC活動に代表される、
ボランティア活動
 ボランティア活動
全校生徒がJRC(日本青少年赤十字)に加盟し、社会の一員として積極的にボランティア活動に取り組み、奉仕の精神を養います。
落ち着いた生活環境 4.落ち着いた生活環境
明治の文豪である夏目漱石、森鴎外や高村光太郎など多くの文化人との縁のある土地柄で、由緒ある史跡も多く、恵まれた学習環境にあります。
5.熱心なPTA活動  熱心なPTA活動
毎年行われる千駄木フェスティバルでは、PTAが一丸となって幼児、小学生またその保護者に料理を振るまいます。昨年度はパンケーキを生徒と作りました。
隣接する幼稚園・小学校との連携 6.隣接する幼稚園・小学校との
連携
 PTAを中心に「朝コール運動」を実施するなど、学校と家庭や地域との交流を深め、家庭や地域の声を反映した教育活動を行います。