イベント

月面探査

監督:東京大学 宮本英昭研究室

 
 月探査は民間企業も含めて活発に議論されるようになりました。その開発現場では、シンプルで新しいアイディアの探査装置が次々と検討されています。小中学生を含めた若い世代が、自由な発想から今後の月・惑星の探査機について考えられるように、この展示会では月面を模擬した砂場のような土砂プールを用意しました。タイヤなどの組み合わせを工夫できるラジコンモデルもありますし、自分のラジコンカーを持ち込むことも可能です。好きなやり方で月の模擬環境を体験してみてください。
(この企画は東大工学部システム創成学科の学生が中心となり、同・宮本英昭研究室が監督して実施しています)

 
展示期間:平成29年11月25日(土)~平成30年2月24日(土)(休館日:日曜,祝日,12月29日(金)~1月3日(水))
開催時間:9:00〜17:00(入場は16:30まで)
入場料 :無料
会場  :文京区教育センター2階 大学連携事業室

 

「月面探査」チラシ」(PDFファイル; 約3MB)

 

ギャラリートーク
 展示会場にて、学生や研究者が展示の簡単な説明を行ったり、質問にお答えします。

日時
12/25(月) 10:30~11:30
1/5(金)
2/17(土)

 対象:どなたでも
 会場:教育センター2階 大学連携事業室
 申込:当日直接会場へ

区制70周年記念事業 子ども科学ヴィレッジ~1日限定Science Village~

子どもたちに科学三昧の1日を。

 

 文京区教育センターでは、昭和41年度の開設以来、区内の子どもたちの科学に対する豊かな感性を育むことを目的に、幅広いテーマの講座を実施してまいりました。本年、文京区制70周年を迎えるにあたり、「子ども科学ヴィレッジ~1日限定Science Village~」と題し、区内大学や企業等とも連携し、子どもたちの知的好奇心を刺激する8つの講座を1日に凝縮して開催いたします。様々な講座を通して、子どもたちに科学の素晴らしさを実感していただけたら幸いです。

 
日時:平成29年8月19日(土)10:00〜17:00
会場:文京区教育センター
費用:無料

リーフレット」(PDFファイル; 約1MB)

東大昆虫館

展示企画:矢後勝也・遠藤秀紀

 
 昆虫とは、時に身近で親しみやすく、時に可憐で美しく、時に忌み嫌われる存在です。人の感性を揺さぶるこの生き物は、色や形、大きさ、動きが環境に合わせて実に様々です。今回の展示では、別の種どうしはもちろんのこと、同じ種の中でも何一つ全く同じ形や模様のない昆虫の多様性を体感できます。また、昆虫の多様性を生み出した進化や発生の過程、近年の生態系破壊や地球温暖化などの影響を受ける昆虫の変化も解説します。東京大学ならではの歴史的標本にも触れることで、現代の子供達に昆虫への科学的な探究心を抱いてもらえたら幸いです。

 
展示期間:平成29年6月10日(土)~10月14日(土)(日曜・祝日休館)
開催時間:9:00〜17:00
入場料 :無料
会場  :文京区教育センター2階 大学連携事業室

 

「東大昆虫館」チラシ」(PDFファイル; 1.2MB)

火星探査

展示監督:宮本英昭(東京大学大学院教授)

 
 火星探査でまさに今わかりつつあることを、最先端の火星探査データと共に紹介しつつ、日本が目指す火星衛星計画について、その背景や目的などを解説します。
 
展示期間:平成28年12月17日(土)~平成29年5月6日(土)
     ※ご好評につき、期間を延長いたしました。
休館日 :日曜・祝日
開催時間:9:00〜17:00
入場料 :無料
会場  :文京区教育センター2階 大学連携事業室
 
 
「火星探査」展ポスター」(PDFファイル; 1.5MB)
 
 

骨を見る 骨に見られる

 
展示監督:遠藤秀紀(東大教授)・山田昭順(写真家)
監督補 :伊藤 海

 

展示期間:平成28年7月8日(金)〜平成28年11月26日(土)
休館日 :日曜・祝日
開催時間:9:00〜17:00
入場料 :無料
会場  :文京区教育センター2階 大学連携事業室
     ※お車でのご来場はご遠慮ください
 
 

資源がなくなるということ

―ナウル共和国の歴史と地球・宇宙の資源―

 

開催日:平成27年12月19日(土)〜平成28年5月28日(土)
休館日:日曜・祝日・年末年始
開催時間:9:00〜17:00
入場料:無料
会場:文京区教育センター 2階大学連携事業室
ギャラリートーク
5/21(土)11:00〜12:00 宮本英昭(東大准教授)