トップ校内研究

深い学びを実現する授業の創造 〜新学習指導要領を見据えて〜


 本校は、平成29年度より、上記の研究主題を掲げ、授業研究に取り組んでいる。平成29年3月31日に新しい学習指導要領が告示された。平成32年度からの小学校全面実施に向けて、取り組まなければならない。


 本校の児童の実態については、各種学力調査の結果からみると、学習意欲を含め高い学力を有している。しかし、授業中に児童相互が高め合いながら、学びを深めていく姿はあまり見られない。20年後、30年後の社会を支え、豊かな未来を創造するためには、身に付けた資質・能力が様々な課題に対応できるようにすることが必要である。そこで、本研究主題を設定し、授業改善を目指すこととした。


 今年度は、『深い学びを実現する授業の創造』の研究の一年次として、深い学びの実現に向けて目指す児童像(深い学びの姿)を設定し、有効な手だてを明らかにしていく。そのことを踏まえて、次年度に繋げていく。


第1回研究授業(算数)・協議会



第2回研究授業(生活科)・協議会



第3回研究授業(外国語)・協議会



第4回研究授業(社会)・協議会


第5回研究授業(総合的学習の時間)・協議会


第6回研究授業(道徳)・協議会


平成29年度研究構想図 (PDFファイルが開きます。)