サイト更新情報

2017年06月01日 「園だより6月号」を掲載しました。

2017年06月01日 「チャイルドクラブ6月の予定」を掲載しました。

2017年05月06日 「園だより5月号」を掲載しました。

2017年05月06日 「チャイルドクラブ5月の予定」を掲載しました。

2017年04月13日 「園だより4月号」を掲載しました。

小日向台町幼稚園へようこそ!

こひなたちゃん閑静な住宅地に囲まれ、文京区の高台に位置する小日向台町幼稚園。春はさわやかな青空とうぐいすの声が子どもたちを迎えてくれます。同一敷地内に小日向台町小学校があり、近隣のこひなた保育園、区立音羽中学校と共に保幼小中の交流・連携に取り組んでいます。
小日向台町幼稚園へようこそ!

本園では、常に‘子どもを中心に据えた保育’に心がけ、子どもの笑顔のために教職員が全力を尽くし保育をしております。

<経営理念は>

○子どもの笑顔は確かな学びの証拠である。

子どもは何かが変わった時、何かができるようになった時、必ず、笑顔を見せる。子どもの笑顔は保護者だけでなく周りのすべてに幸せを感じさせる。子どもの笑顔は保護者に幼稚園の教育活動の成果を納得させる。だから教師は・・・幼児が確かな学び、生きぬく力を育むために常に自己研鑽に努め、力量を高めることに全力を尽くさなければならない。

子どもは夢中になって活動に取り組む中で、自分と向き合い友達の心に触れ様々な力を身に付け心を豊かにしていく。自分と向き合うことで自分の力を知り、さらに伸びようとする。友達の心に触れてともに感じる喜びを知り、さらに共同しようとする。自己の育ちと共同性の育ちの中で揺らぎながら、自分の個性を確立し、集団の中で、自分の力を発揮する「生きる力(生きぬく力)」を身に付けていく。

自己と共同性の育ちを保障できる活動をいかに生み出していけるか、教師の力量が問われる。

○家庭・地域・幼稚園が常に「共有・共働・共助」の精神をもって子どもの教育にあたる。

子どもの健やかな育ちのため、家庭、地域、幼稚園が目標に向かって互いに持てる力を発揮し、情報を共有し、汗を流し、共に助け合っていくことが不可欠である。三者の協力、連携が子どもの育ちに大きな影響を与えるものであることを自覚し、さらに幼稚園を地域に開き、情報の共有化を図ることが大切であると考える。

小日向台町幼稚園へようこそ!

本園の教育目標

○元気でたくましいこども(心身共に、元気でのびのびと活動する子ども)

○仲良く遊ぶこども(遊ぶことが好きで、人との関わりを楽しみ、やさしさや思いやりを もつ子ども)

○のびのびと表現するこども(自分の思いが出せ、様々な表現を楽しむ子ども)

○意欲をもって取り組むこども(目的をもち、試したり工夫したり、やり抜く子ども)

<教育目標達のために>

  • 一人一人の幼児が、教師との信頼関係を築き、安心して自分らしさを発揮し、互いの良さを認め合い、高め合う人間関係を築く教育に努める。
  • 健康で安全な生活に必要な基本的生活習慣を身に付け、生活に必要な力を養 うとともに、様々な運動機能を使って遊ぶ楽しさを経験させ、心身ともに健全な幼児の育成を図る。
  • 幼児が自己を発揮しのびのびと表現したり試行錯誤したりできる環境や教材の工夫をするとともに心が揺さぶられる体験を通して、豊かな感性を育む。
  • 幼児が目的を持ち、多様な活動に取り組み、困難や葛藤を乗り越える経験を通し、心と体のたくましさを培う。
  • 自分が受け止められ、必要とされている(有用感)を実感し、個々の課題を乗り越えていくことで自信をもたせる。

小日向台町幼稚園の園児数(平成29年6月1日現在)

組名 年齢 男児 女児
たんぽぽ 3歳児 13 8 21
ばら 4歳児 12 7 19
ゆり 4歳児 10 8 18
さくら 5歳児 9 10 19
すみれ 5歳児 8 10 18
52 43 95