茗台中学校

Tel:03-3811-2969Meidai Junior High School @ Bunkyo,Tokyo,Japan

少人数制授業

本校では数学科と英語科の授業を少人数で行っています。数学科、英語科ともに、各学年、それぞれのクラスを習熟度別に2分割し、生徒の習熟度に応じた指導を行っています。
※ コース選択については、生徒の希望、保護者の考えを尊重し、考査の成績を考慮した上で、教科の担当者の意見を交えて決定します。



補充教室

発展的な学習による学力向上に資するため、生徒一人一人の各観点ごとの達成値に準じた学習指導を行います。そのために、夏季休業中に9教科にわたり補充教室を実施し、学習支援ボランティアを活用した学力向上に向けた指導の工夫を行います。
さらに、英検、数検の受験を目指した学習会も行っています。
定期考査前には全教科で質問教室を開き、テスト範囲の疑問や分からない点を質問する機会を設けています。
また、通知表が配られる終業日には学習相談日が開かれ、評価評定に関する質問や学習方法に対するアドバイスをもらう機会を設けています。 



学習機会


朝読書

本校では、朝8:25~8:35の朝学活前に『朝読書』の時間を設けております。 全校体制による朝の読書活動を継続して実施することにより、学力の基盤である国語力を培い、本を通して体験の世界を広げることにより、豊かな人間性や情操・感性を養うことを目的としています。



終学習

本校では、15:10~15:20の10分間を『終学習』の時間として設定しています。国語・数学・英語を中心に各学年に合わせた教科の学習を行うことにより基礎基本の定着を図っています。また、この取り組みにより落ち着いた雰囲気の中、帰り学活が行われています。



保健指導


日本歯科大学短期大学衛生学科との連携指導の実践

本校では、平成8年度より日本歯科大学東京短期大学歯科衛生学科の協力を得て歯科保健指導を進めています。実施当初は歯科講話形式できしたが生徒の実態に合わせて現在の実習に含めた歯科保健指導という形式となりました。定着化も図れ、生徒の歯科の健康課題解決につながるような指導をすすめ、生徒たちの健康観の変容にもつながっています。本校の健康教育のひとつとしての歯科保健指導~歯と口の健康づくり~を進めています。


歯科保健指導
  対象       第一学年全員
  実施時期    2学期
  時間       総合的な学習の時間において
  指導目的   ・歯と歯肉の自己観察方法を習得する。
           ・歯磨きの基本を学び自分に合わせた磨き方を
            工夫できるようにする。


生徒の感想

●毎日自分ではていねいにみがいているつもりだったのですが、染め出しをしてみると思った以上に汚れが目立ちました。これからはもっとていねいにみがいてむし歯をつくらないようにしたいと思います
●染め出しでは、だいたいみがけていたが、歯と歯の間が少し残っていたので気をつけてみがこうと思う。始めに見せてもらった口の中の歯は、歯をみがかないとこんなにもたくさんいるのかと驚いた。




↑ PAGE TOP