-




ニュース NEWS

1月18日(水) 持久走の取り組み
 休み時間に持久走の取り組みが始まりました。体力をつけ丈夫な体をつくること、つらくても頑張る心をつくることを目標に頑張っています。

1月17日(火) 茶道体験(6年生)

 日本の伝統文化である茶道を体験し、和の心を学びました。初めての体験でみんな緊張していましたが、先生の話をよく聞き、一つ一つの動きを確かめながら真剣に取り組んでいました。自分たちで点てたお茶を飲むと、ほっとして、みんな笑顔になっていました。
   

1月16日(月) 全校朝会
 本日の校長講話は、「協力して過ごそう」という話でした。
 ナイル川を渡ることができる蟻がいます。アフリカで一番広い川であるナイル川をどうやって蟻は渡るのでしょうか。その蟻たちは、集まってボールのように固まることで水に浮きながら川を渡るそうです。川に入るとボールの上になる蟻は水面に出ているので息ができますが、水面より下にいる蟻は息ができません。そこで蟻たちは、少しずつ回転しながら上と下が次々と入れ替わることをします。そうして犠牲になる蟻がほとんどなく川を渡ることができるのだそうです。その蟻たちは自分のことだけを考えている蟻は一匹もいないので、広い川を犠牲がほとんどなく渡りきることができるのです。
 みなさんは、1,2学期と築き上げた友情を大切にしていますか。自分のことばかりではなく、友達のことも考えられえるようにしましょう。短い三学期、周りの人のことを考えて、みんなが幸せになれるように考えて生活していきましょう。

 


1月11日(水) 席書会
席書会を行いました。新しい年の始まりへ気持ちを込め、字形や字配りに気を付けながら、一画ごとに真剣に書き上げました。
 

1月10日(火) 3学期始業式
 本日、2学期始業式を行いました。
 校長講話は、「美しい願い事」についてでした。
 明けましておめでとうございます。新しい年が始まりました。「1年の計は元旦にあり」ということわざがあります。これは一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、最初にきちんとした目標を立てるのが大切だという意味です。みなさんは、どんな願い事がありますか。願い事が叶うように、目標をもって取り組むことが大切です。

 「紙風船」(黒田三郎)
 落ちてきたら
 今度は
 もっと高く
 もっともっと高く
 何度でも
 打ち上げよう
 美しい
 願い事のように

 この詩は、願い事を紙風船に置き換えています。夢や希望をもっていても、諦めてしまったり、忘れたりすることがあります。しかし、志を高くもち、この詩の紙風船のように、美しい願い事を何度も掲げましょう。
 美しい願い事とは、いじめのない学級を作ること、病気に苦しむことがない世の中であること、戦争が無く平和に過ごせることなど、自分以外のことを願うことです。
 3学期は、一人一人が美しい願い事を考え、それを達成するための目標をもって取り組みましょう。


3学期も子供たちの成長を願って教職員一同、全力で取り組んでまいります。今学期も、汐見小学校の教育活動にご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。

12月22日(木) 2学期終業式
 本日、2学期終業式を行いました。
 校長講話は、通知表の話でした。
 2学期は4か月ありました。その中で、全校遠足や汐見表現の日など大きな行事がたくさんありました。普段の授業では、どの学年も、座学の勉強も体を動かす学習も1学期より難しくなっているはずです。
 担任からどんな通知表が配られるでしょうか。落ち着いて行動できる日が増えたこと、友達と協力して活動できたこと、がんばったこと、などが書かれているでしょうか。その通知表を読んで、2学期の自分を振り返り、これからもっと頑張らなくてはいけないことを確かめましょう。
 長い冬休みが始まります。事故やけがなどがないように過ごし、楽しい正月を迎えましょう。


 次に生活指導担当者から3つ話をしました。
 1つ目は、交通安全についてです。最近、重大な交通事故が増えています。車の運転手と目を合わせるようにするアイコンタクトをするなどして、交通事故に合わないようにしましょう。 
 2つ目は、自転車を乗るときの注意です。多くの人が外出をする時期です。通りに人が多くいるときに自転車で通行する際は十分に気を付けなけましょう。
 3つ目は、学校が休みになり、友達や先生と会えなくなります。悩みがあったら信頼できる近くの大人に相談するようにしましょう。

今学期も保護者及び地域の皆様には、本校の教育活動にご理解・ご協力をいただき誠に有難うございました。


12月19日(月) 全校朝会
 2学期最後の全校朝会を行いました。本日の校長講話は、掃除の話でした。
 汐見小学校の子供たちは、掃除を一生懸命取り組んでいます。汐見小学校のみんなは、誰のために掃除を頑張っているのでしょうか。学校や先生のために掃除をしている人。みんなが気持ちよく生活するために掃除をしている人。自分のために掃除をしている人。どの人も間違っていません。なぜ掃除をするかを考えることが大切です。
 お腹に子供がいる人が、一生懸命掃除すると良い子が生まれると言われます。なぜ一生懸命掃除をするお母さんから良い子が生まれるのでしょうか。それは、掃除はお母さんが気持ちが良いと感じることだからです。お腹の子供にとっても良いことなのです。毎日を気持ちよく過ごすために一生懸命掃除をすることが大切なのです。
 掃除は心を磨きます。心を育てます。学校でも家でも掃除をし、心を磨き、育てましょう。
 
 


12月14日(水) 横断幕取付け
 子供たちが交通安全標語の取り付けを行いました。区議会議員の方、区役所の方、警察の方、町会の方、スクールガードの方々にもご協力いただきました。標語にあるように思いやりや優しさにあふれる道になり、子供が安全に登下校できるようになることを願っています。
 


12月12日(月) 全校朝会
 本日の校長講話は、子供たちが考えた交通安全の標語が横断幕になったという話でした。
 安全に道を歩くために、正しい通学路を歩くことやガードレールがある道を歩くこと、狭い道を工夫して歩くことは大事なことだという話を以前しました。言われたらその通りにできるのが汐見小学校の子です。更にそれが自主的にできるように、みなさんに標語を考えてもらいました。その中から、厳選した4つの交通安全標語を横断幕にしました。団子坂や藪下通りに取り付けます。それは、みなさんを守ることになるでしょう。自分でも安全に気を付けて登下校するようにしましょう。
 みなさんが考えた交通安全の標語が町に飾られることは、滅多にないことです。これは、先生方だけではなく、元PTA会長の深澤さん、町会長さん、スクールガードの皆さんなど様々な方々の協力があってできたことです。感謝の気持ちをもって過ごしましょう。

12月9日(金) 児童集会
 今朝の児童集会では「汐見ウルトラクイズ」をしました。集会委員が中心となって、汐見小学校についての○×クイズをしました。児童は、友達や異学年の人と相談しながら楽しく取り組みました。

12月5日(月)全校朝会
 本日の校長講話は、人権の話でした。
 人権とは、誰もが安全に安心して生活できる権利ということです。文京区は12月を「命と人権を考える月間」としています。いつも気にしなければいけない人権ですが、特にこの1か月間は、「みんなが安全に安心して生活できるためにどうすれば良いか考えていこう」ということです。
 学校で友達やそれ以外の人から暴力を受けて悩んでいる人はいませんか。思い当たる人がいれば、担任やそれ以外の先生に遠慮なく相談しましょう。
 暴力は、体を痛めることだけではありません。言葉の暴力で心を痛めることもあります。汐見小学校から暴力がなくなるようにしていきましょう。

 本日、1時間目に人権に関するアンケートを全校で行いました。

12月3日(土)ふれあい作品展
 12月3日(土)〜5日(月)に文京シビックセンター1階 ギャラリーシビック アートサロンで行われる「ふれあいの集い」に、学習活動の中で作った図工や家庭科などのしおみ学級の児童の作品を出品しています。ぜひ足をお運びください。

12月2日(金)オリンピック・パラリンピック教育「日本の伝統文化」
 宝生流能楽師シテ方の佐野登様を講師としてお招きして、能楽の特別授業を行いました。全校で「猩々(しょうじょう)」を謡う活動や、能楽の所作と楽器の演奏の体験をさせていただきました。児童は、能楽の体験を通して伝統を学ぶだけではなく、今すべきこと、今してはいけないことを考えて行動することが大切であると学びました。

 

続きを読む

気象警報発表時の対応

気象警報が発表された際の対応の基本方針

文京区教育委員会「台風接近・通過等に伴う気象警報発表時の対応について」

twitter

災害時等のお知らせをtwitterで受信できます。 こちらをクリックしてください。

登校届ダウンロード

登校届をダウンロードできます。こちらをご覧下さい。

今日の給食


今週のランチタイムレター



体罰ゼロ宣言