サイト更新情報

2017年07月01日 「園だより7月号」を掲載しました。

2017年06月01日 「園だより6月号」を掲載しました。

2017年05月11日 平成29年度の「にこにこタイム」および「にこにこクラブ」の予定を掲載しました。

2017年05月06日 「園だより5月号」を掲載しました。

2017年04月13日 「園だより4月号」を掲載しました。

お知らせ

園長あいさつ

 湯島幼稚園は、歴史と文化に囲まれたこの湯島・本郷の地に昭和55年に開園し、今年度で38年目を迎えました。「都会のオアシスゆしまようちえん」と呼ばれ、園庭には実のなる木も多く、都会の中にある自然豊かな素敵な幼稚園です。

 園舎は、湯島総合センターの1・2階にあり、センター内には児童館や図書館があり、子どもたちにとっても、子育てをしている保護者にとっても恵まれた環境にあります。

 近隣の小学校・中学校・保育園との交流をはじめ、3階の福祉センターとの交流、また隣接している日本サッカー協会の方々と4、5歳児のサッカー指導を通じて関わる機会を作っています。様々な地域の教育力を活用した交流活動を盛んに行っています。地域の皆様との交流を通じて、子どもたちはたくさんの経験や刺激を受け、のびのびと成長しています。

「広がる・深まる湯島幼稚園」のキャッチフレーズの下、子どもたちの知的好奇心やコミュニケーションの力、協同する力などを広げ、深めていける幼稚園、保護者の皆さまが子育ての楽しさや保護者同士の関わりを広げ、深められる幼稚園、地域にとって親しみがもてる、幼児教育への関心が深まる幼稚園となるように、多くの皆様方のご理解とご協力をいただきながら、教職員一丸となってより良い幼稚園づくりを推進していきます。どうぞよろしくお願いします。

園長 小岩井 聡

湯島幼稚園の教育目標

 人権尊重の精神を基盤とし、自主性、社会性、創造性、豊かな感性、表現力を養い、心身共に健やかな幼児を育成する。

◎よく遊ぶ子ども ○やさしい子ども ○考える子ども

 幼児が安定した情緒の下で自己を発揮し、互いに尊重し合い、発達や学びの連続性を踏まえた多様な直接体験を通して、心身の調和のとれた発達の基礎が培われるよう、本年度の重点を「よく遊ぶ子ども」の育成とする。以下の5点を基本方針として教育課程を編成する。

  • 幼児の主体的な遊びや生活の中で基本的生活習慣を確立させるとともに、運動遊びを推進し体幹の保持や体力向上を意識した様々な身体の動きを引き出す遊びを取り入れたり、スポーツに対する興味や関心を高めたりし、安全で健康な教育の充実を図る。
  • 友達や身近な人との関わりの中で、自分の気持ちや考えを伝えたり、相手の気持ちに気付き受け止めたりするコミュニケーション能力を育てる
  • 様々な人や身近な動植物や事象との関わりを通して、多様な感情を体験させ、共感や他者に対する思いやりの気持ち、自他を大切にする心や自己有用感を育むとともに、幼児の人権感覚を培う。
  • 友達と遊んだり、集団生活の中でのルールやマナーの必要性を感じたりする中で、自分で考え、判断し行動する力や道徳性、規範意識の芽生えを培う。
  • 自ら興味や関心をもったことに取り組み、工夫したり、繰り返し試したり、友達と協力したりして活動する楽しさを経験する中で、知的好奇心や探究心を養い、学びの基礎を育む。

湯島幼稚園の経営理念

◎「広がる・深まる・湯島幼稚園」

 湯島幼稚園は、すべての幼児の最善の利益のために教育活動を進め、たくましく生きる力と豊かな人間性を培う場とならねばならない。

 湯島幼稚園は、幼児にとって、初めての学校である。そこで遊びを通じて、様々な学びを得、幼児が生きる力の基礎を培うことになる。そのためにも安心かつ安全な自己実現のできる場でなくてはならない。また幼児教育が今後の教育の基礎となることを意識して、教育活動の構築を計らなければならない。

 湯島幼稚園は保護者・地域・教職員が一つのチームとして、社会に開かれた教育活動を推進し、その中で、幼児・保護者・地域・教職員のすべてにとって、様々に「広がる・深まる」ことのできる幼稚園でなければならない。そのために次の目指す幼稚園像を描きながら教育活動を進めていく。

目指す幼稚園像

  • 友達の輪・地域の人の輪が広がる湯島幼稚園(社会生活との関わり・自立心、言葉による伝え合い)
  • 遊びを通じて、探究心・好奇心が広がる湯島幼稚園(思考力の芽生え、数量・図形、文字等への関心・感覚、豊かな感性と表現)
  • 様々な人との関わりや動植物に触れ合う中でやさしさや慈しみの気持ちが広がる湯島幼稚園(自然との関わり・生命尊重)
  • 遊びを通し、自ら身体を動かす楽しさが広がる湯島幼稚園(健康な心と体)
  • みんなで過ごす楽しさが深まる湯島幼稚園(道徳性・規範意識の芽生え、協同性)
  • 誰もが差別なく共に過ごし、他者への理解や思いやりの心が深まる湯島幼稚園(インクルーシブ教育)
  • 子どもたちの育ちを見る目が深まる湯島幼稚園(学校教育の基盤としての幼児教育の理解の推進)
  • 学校教育の基盤となる幼児教育の大切さの認識が深まる湯島幼稚園(社会に開かれた教育課程の実現)
  • 子どもへの愛情がより深まり、子育ての楽しさが広がるる湯島幼稚園(子育て支援・コミュニティーの充実)

湯島幼稚園の園児数(平成29年6月20日現在)

組名 男児 女児
3歳児 もも組 12 7 19
4歳児 ばら組 12 12 24
5歳児 ゆり組 14 13 27

湯島幼稚園の園舎の概要

起工 昭和53年12月11日
完成 昭和55年2月29日
構造 鉄筋コンクリート造
地下1階・地上5階の湯島総合センター内1・2階
園舎面積 876.68m2
園庭面積 515.31m2
規模 保育室4 職員室 ホール 図書室 教材室 園長室 兼 会議室
園庭 全天候型軟質舗装