30日(土)ボランティア活動(千駄木子どもフェスティバル)

 千駄木小学校PTA主催「千駄木子どもフェスティバル」にボランティアとして文林中生28名が参加しました。千駄木小学校に通う子どもたちに楽しんでもらおうと校庭、体育館、教室を使っての様々なアトラクションを小学校のPTAの皆さんが運営していました。文林中生はその手伝いということで参加させていただきました。自分たちが楽しむのではなく、小学生をいかに楽しませるか。1年前は小学生で楽しむ側だったのが、今回は楽しませる側になった中学1年生。ボランティアとして参加してみてどうだったでしょうか。

  

  

  

  

  

15日(金)出張b-lab(2年生)

 キャリア教育の一環として、生徒の進路意識を高め、今後の進路指導に活かしていくことを目的とした「出張b-lab(青少年プラザ)」が行われました。キャリア学習授業「カタリ場」がスタートすると、班に分かれて自己紹介をし、その後、少し年上の大学生スタッフから話を聞いたり自分自身が頑張ってきたことなどを本音で語り合いました。自分自身の興味関心について語り合い、自分の好きなことを見つけ、やってみたいと思うきっかけになってほしいと思います。

  

  

 

12日(火)わくわく絵本タイム(千駄木幼稚園)

 今年度2回目となる千駄木幼稚園での「わくわく絵本タイム(絵本の読み聞かせ)」。25名(応募は29名でしたが4名欠席)の生徒が参加しました。1階と2階に分かれて、まずは園児たちとご対面。園児たちが文林中生の手をとり好きな場所で絵本を読んでもらっていました。昼休みの10分間をつかっての取組でしたが、園児はもちろん中学生にとっても楽しい時間だったのではないかと思います。

     

       

        

     

     

 

8日(金)ふれあい給食

 近隣町会にお住いの高齢者の皆様および生徒の祖父母、計15名の方をお迎えして「ふれあい給食」が行われました。文林中学校および学校給食への理解と協力を得るとともに、同席させていただいた生徒たちが会食を共にしながら、高齢者の方々とふれあいを通じていたわりの心を育むことができたらという思いが込められた取組でした。PTA厚生委員会の方々のお手伝いにより、出席していただいた高齢者の皆様、生徒、そして教職員、皆が和やかなひと時を過ごすことができたと思います。ご協力ありがとうございました。

        

        

    

 

5日(火)~8日(金)小中連携落ち葉掃き

  JRC委員会を中心に各学級で有志を募り、千駄木小学校の児童と共に、小、中学校の校庭などの清掃活動を行いました。文林中生は50名の生徒が一人一日、4日間にわたって清掃活動に励みました。リーダーシップと奉仕の心を育てることを目的とした取組でした。普段より早起きしての参加でしたが、小学生の模範となる清掃活動ができたのではないかと思います。