14日(土)いのちと心の授業

 家庭や地域の声を反映させ、地域に開かれた学校教育の推進を図ることをねらいとした、道徳授業地区公開講座が行われました。

1校時は各クラスでの道徳の授業を公開しました。2,3校時は、東京都立多摩総合医療センターの医師、中西 貴大氏を

お迎えして「医療の視点からよりよく生きることについて考える」をテーマに「いのちと心の授業」を行っていただきました。

中西先生は海外医療支援団体NPO法人あおぞらの理事でもあり、ラオス、カンボジア、タンザニアで医療施設設立にご尽力されました。

その様子の映像を交えながら「いのち」について自身が体験されたことを説明していただきました。

  

         1年生道徳 「いのちのバトン」            2年生道徳「忘れられないご馳走」

  

    2年生道徳                  3年生道徳「ハゲワシと少女」