◆教育方針
 

教育目標

 ○ 自ら学び、考え、行動する生徒。
 ○ 互いを思いやり、尊重し合える生徒。
 ○ 豊かな心をもち、心身ともに健康な生徒。

目標を達成するための基本方針
 次のような基本方針で教育目標の達成を図り、生徒に生きる力を育むことを目指す。

ア 基礎的・基本的な知識及び技能を習得・活用させ、課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等

      を育むとともに、主体的に学習に取り組む態度を養う教育の充実を図る。

イ 教科等横断的な視点に立ち、各教科等の年間指導計画・評価規準を作成し、適正な評価を行う。

ウ 学ぶ楽しさを感じ、自ら学習に取り組む授業の充実を図るため、学期ごとの各教科の授業計画・評価計画並

      びに国・都・区の学力調査や定期考査、授業評価をもとに「授業改善推進プラン」を作成・実践する。

      また、校内研修をOJTの柱として位置付け、授業に関する研修を中心に教員の指導力向上を図り、積極的

      に授業改善に取り組む。

エ 多くの生徒に「分かる」「できる」を実感させる指導の工夫について、ユニバーサルデザインの視点に立っ

      た指導形態等を、教科の授業地区公開講座や保護者会、ホームページなどで周知する。

オ   広い視点で物事を考え、社会の一員としての在り方を考えられるようにするため、人権尊重教育を充実さ

      せ、一人一人の内面に根差した心の教育を推進する。また、規範意識、倫理観や思いやりの心、生命尊重教

      育の充実を図る。さらに、心のケアや立ち直りの支援を推進し、いじめの未然防止と早期対応等の悩みや課

      題を抱える生徒に対する支援の充実を図る。

カ 道徳の時間を要とした道徳教育を充実させ、学校教育全体で道徳教育を推進し、指導内容・方法の工夫改善

      に努め、豊かな心と社会の変化に主体的に対応できる生徒の育成を図る。

キ 2020年オリンピック・パラリンピック開催に向けた望ましい意識の醸成を図るため、学校教育全体を通

      じて体力の向上と心身の健康の保持増進や安全に関する指導を充実させる。また、がん教育に関する健康問

      題や医療の現状、命の大切さなどを総合的に学習する教育活動を行う。さらに、健康な体をつくるための正

      しい知識を身につけるために食育を推進する。

ク 危機管理マニュアルや学校防災計画等を改善し、学校安全の全体計画・年間指導計画に基づく取組を充実さ

      せる。避難訓練に関しては、様々な場面を想定し、災害時に正しい行動がとれるように内容を改善してい

      く。また、危機を予測し回避する能力と、地域社会の安全に貢献できる能力の育成を図るとともに、生徒一

      人一人に「自分の身は自分で守る」ための実践力も育成する。

ケ 幼児・児童・生徒、教職員、保護者等の相互交流を充実させ、保・幼・小・中の連携・接続を図る。また、

      地域に貢献する意識を醸成するために、地域とのかかわりをもつ取組を推進する。

コ 交流や体験的活動等を通した障害理解教育を推進し、「交流及び共同学習」を行うことにより、共に教育を

      受けられる環境の整備を行う。また、個別の教育的ニーズに応じた支援体制を整え、特別支援教育を充実さ

      せることにより、自立した社会参加を目指す。