学校の周りの道路には、子どもたちの安全を守るために様々な看板や標識、表示がたくさんあります。

今回、新たに2つの安全のための整備がなされましたので、ご紹介します。

1点目 学校の前の道坂に向かって伸びる道路において、学校の所在がわかるような表示が追加されました。

 

    道坂から学校に向かってくる車両に対して、学校があること、子どもたちが通る可能性があることを

    知らせ、注意喚起をするために設置されました。ドライバーからも分かりやすい表示となっています。

2点目 学校前の本郷通りを渡るための歩道橋の降り口、交番の方から歩道を自転車が走ってくると、

    歩道橋から曲がってくる歩行者が大変分かりづらく、とても危険でした。

    そのことを東京都の担当者にお話ししたところ、下のような整備をしていただきました。

    これにより、自転車にも歩行者にも、注意を促すことができるようになりました。

子どもたちの安全のためにいろいろな整備をしていただけたこと、大変うれしい限りです。

是非、皆様に知ってほしいと思います。今回、トピックスに掲載しました。

近くにお越しの際には、是非、ご確認ください。