教育目標

 ○ 自ら考え、学習に励む人
 ○ 思いやりと自主自律の心をもつ人
 ○ 心も体もたくましく、進んで行動できる人

Ⅰ 確かな学力の定着

 〇 学力調査や生徒による授業評価を基に授業改善を行う
 〇 英数の少人数授業、理科のティームティーチング等、授業形態や指導方法を工夫する
 〇 ICT機器を活用した協同学習により「わかる」「できる」を実感する授業を行う
 〇 朝の読書活動により落ち着いた学習環境をつくり、読解力を培う
 〇「終学習」を設定しドリル学習(国数英)を行う
 〇 夏季休業日、放課後に補充教室を実施する

Ⅱ 豊かな人間性の育成

 〇「いのちと心の授業」をはじめとして生命尊重の心を育てる
 〇「考え・議論する道徳の授業」を実践する
 〇 いじめ防止基本方針に則り、いじめ・暴力の未然防止や早期対応を図る
 〇 Hyper-QUテストを活用し、よりより学級集団づくりを推進する
 〇 学級満足度向上モデル校として不登校生徒等の解消や問題行動等の早期発見・早期対応に努める

Ⅲ その他の取組

 〇 開校60周年の節目に良き伝統に触れ、意欲的に学校生活に取り組む生徒を育成する
 〇 学校公開や学校行事、道徳地区公開講座の機会に本校の教育活動を公開する
 〇「アドバンスルーム」拠点校として特別支援教育を充実する
 〇 学校地域支援本部と連携し、地域の教育力を活用する