校訓 文林開拓

「文林」とは「学問のさかんなさま」を言い表しています。
私たちは、学問を身につけ、真理をきわめていくために、心身を鍛え、開拓の精神で教育活動をしています。 開拓精神は困難な道を切り開く向上心にもつながります。 私たちは、文林中学校の教育目標を達成していくために、この「文林開拓」を合い言葉に、 先生も生徒も父母も一体となって努力し、楽しく充実した毎日を送っているのです。
「文林開拓」は文林中学校を支える大黒柱です。

 

 

教育目標

豊かな人間性と規範意識を持ち、社会から信頼と尊敬を得る人間を育成する

  • 開拓精神を発揮して真理の探究に努める
  • 友愛の精神をもって明るい社会を建設する
  • 心身ともに健康で明朗な人間になる
  • あらゆる困難をのりこえ希望をもって進む

基本方針

  • 校内研修を充実させ、わかりやすい授業を実践し、基礎的基本的な学力の定着を図るとともに、思考力・判断力・表現力を育成し、主体的に学習に取り組む態度を養う。
  • 国、都、区の学習状況調査等に基づく「授業改善プラン」を活用し、少人数授業や習熟度別学習、また電子黒板等を活用した授業を推進するなど、常に授業の改善に努める。
  • 全教育活動を通していのちの教育を推進するとともに、体験的な活動を多く取り入れて人権尊重の精神と豊かな人間性、健全な社会生活を営むために必要な社会性を養う。
    同時に、道徳的実践力を育み、いじめや不登校の解消に努める。
  • 新体力テスト等に基づいて、全教育活動を通して体力向上に取り組む。また、食育を通じて豊かな人間性と健全な食生活を実践できる生徒を育成する。
  • 生徒による授業評価や生徒・保護者による学校評価を充実し、保護者の教育への参画の機会を増やして開かれた学校を進め、学校運営の透明性を高め、教育活動の改善を図る。