ページの先頭です

ホーム

3年 交通安全教室 5月31日(月)

 

大塚警察署の方に来ていただき、交通安全教室をリモートで開催しました。自転車の交通ルールや交差点や横断歩道での注意などを、動画を見たりテストを行ったり、こと細かく指導していただきました。この学習を生かして、今後交通ルールを守ってほしいと思います。

  

5・6年 いのちと心の授業

 5月は「いのちと人権を考える月間」でした。各学級、道徳や学活などの時間を使って、命や人権について考えました。29日(土)には、5・6年生を対象に、校長先生がいのちと心の授業を行ってくださいました。

 パラリンピックのことや校長先生のこれまでの経験を題材として、比べることはしないで、人それぞれのゴールをもって、それぞれの階段を上ることが大切だということをお話ししてくださいました。子供たちはみんな真剣に聞き、一人ひとりが考えを深めている様子でした。

    

4年 水道キャラバン

5月27日(木)社会科「水はどこから」の学習で、「水道キャラバン」の方が来てくださいました。

私達の飲み水が、どのようにしてみんなのところまで届いているのか、社会科の時間に学習した内容を更に分かりやすく教えていただきました。クイズがあったり、実験があったり、また、実際に水道局で働く方のお話もあったりして、子ども達は、興味をもって学習に取り組むことができました。

      

 

 

4年 防災体験デー

5月21日(金)は、防災体験デーでした。

防災宿泊は中止となりましたが、総合的な学習で防災学習の一環として、様々な体験をしました。

初期消火体験では、「火事だー」と叫び、消火器を操作して、火を消す動作をしました。起震車体験では、震度7を体験しました。また、けがをしたときの応急処置では、止血の仕方を学習し、新聞紙でスリッパやマスクを作り、身近な物で、いろいろ工夫できることを学習しました。また、避難所生活を想定し、電気や水が使えない中での生活の大変さを想像しました。そして、学校の備蓄倉庫を見学し、災害に対する備えについて学習しました。

この学習をきっかけとし、更にこれから学習を進め、自分の命を守り、人の命を救おうとする心構えについて学んでいかれればと思います。是非、ご家庭でも「防災」について考え、自分たちの命を守る備えをしてほしいと思います。

            

1年 交通安全教室(歩行訓練)

1年生は、4月26日(月)に事前指導を行い、27日(火)に、春日通りで歩行実施訓練を行いました。児童たちは、大塚警察の方からの話をよく聞き、交通ルールをしっかり守って歩道を歩けました。そして、大塚警察から交通セーフティ検定認定証を受け取ることができました。これからは、自信をもって通学路を歩くことができます。

     

 

 

【6年】和泉流狂言教室 12月19日(土)

本校体育館にて、元父母と先生の会会長でもある

和泉元彌さんによる「和泉流狂言体験教室」が行われました。

狂言史上初の女性狂言師である和泉純子さんと本校の卒業生でもある和泉元聖さんとともに、

狂言の歴史から基本的な所作、守り受け継がれてきた数々の決まりごとなど、様々なことを教えていただきました。

 

狂言「柿山伏」を披露してくださり、初めて本物に触れる子どもたちは、その世界観にぐいぐい引き込まれている様子でした。

後半は、座り方や立ち方、独特な発声など、狂言のお稽古を付けていただき、

生の体験を通して、子どもたちは存分に日本の伝統芸能に触れることができました。

 

4年 くぼまちタイム ブラインドサッカー体験 12月14日(月)・15日(火)

12月14日(月)・15日(火)に、くぼまちタイム「共に生きる」の学習で、ブラインドサッカーの選手をお招きして、ブラインドサッカー体験をしました。

まず始めに、「目が不自由である」とはどういうことなのか、選手の方からお話を聞きました。その後、実際にアイマスクを着け、ボールを蹴って的に当てるところを見せていただき、子どもたちからは「おおっ!」と驚きの声があがりました。

体験では、アイマスクを着け、友達の声だけを頼りに歩いたり、ボールを蹴ったりなど様々な活動に挑戦しました。友達がボールを蹴り、コーンに当てることができるよう、試行錯誤しながら自分の言葉でなんとか方向や距離を伝えようとする姿がとても印象的でした。子どもたちは、2時間にわたるこの体験を通して、「伝える」ことの難しさ、大切さを学ぶことができたと思います。

 

 

3年 くぼまちタイム オンライン交流会 12月3日(木)・4日(金)

 12月3日(木)・4日(金)にくぼまちタイム「共に生きる」の学習で、文京区くすのき高齢者在宅サービスセンターの方々とオンライン交流会を行いました。

 子どもたちは、これまで高齢者について調べ学習を行い、それをもとに高齢者の方々の立場に立って交流会の計画を立て、出し物を準備してきました。

 オンラインでの交流会は初めてでしたが、画面を通じて、喜んでいただいている姿を感じることができ、子どもたちも自然と笑顔になっていました。

 今回の交流会を通して、今後も高齢者に対して親切にしていこうという思いをもつことができました。

ジャイアンツアカデミー 12月1日(火)

 

12月1日(火)にジャイアンツアカデミーのコーチ4人をゲストティーチャーとしてお招きし、体育のティーボールの出前授業をしていただきました。

初めてバットを持つ子もいましたが、「合わせて」「引いて」「くるっ」のリズムでバットを振り、ボールを打つ楽しさを感じていました。また、野球は初めてという子どもたちにとっても、分かりやすいルールで、チームワークを大切にしながらゲームに取り組むことができました。授業後、子どもたちからは、「知らなかった野球が好きになった」「今までで一番打てた」などの感想が多く聞かれました。

   

 文京区の果てまでイッテQ!~区内巡り~  11月10日(火)

 11月10日(火)総合的な学習の時間「文京区の果てまでイッテQ!」の学習で、文京区内の施設を巡ってきました。

 講道館、森鴎外記念館、印刷博物館、折り紙会館、小石川後楽園の5カ所を訪れ、どのような施設なのかをじっくりと見学させてもらいました。

 どの施設も特色があり、自分たちの住む文京区には、こんなに素敵な場所があるということを実感したようです。

 今後は、上記5カ所の他にも自分たちの住む文京区の良いところや自慢できるところを調べ、ガイドブック作りを進めていく予定です。

 

4年 手話体験教室 11月5日

 

 総合的な学習の時間「共に生きる」の学習で、ゲストティーチャーをお招きし、手話体験教室を行いました。

 耳の不自由な方から、生活のことやコミュニケーション方法等について、直接お話をうかがうことができ、子どもたちは、とても興味をもって学習に取り組むことができました。

 授業の後半では、手話による挨拶や指文字を教えてもらい、自分の名前を指文字で表しながら、自己紹介をすることができました。

 今回の体験を通して学んだことを、これからの学習に生かしていきたいと思います。

 

  

 

東京メトロ出前授業  2月7日(金)

生活「えがおのひみつたんけんたい」の学習で、東京メトロの方に来ていただき、駅員さんの仕事や電車や駅についてお話をうかがいました。
子どもたちは、聞いたことを一生懸命メモにとったり質問したりしていました。
 
 

 

11月2日 3年生 交通安全教室

大塚警察署の方に来ていただき、交通安全教室を校庭で開催しました。自転車の実技では、ペダルの足の置き方、ブレーキのかけ方、自転車の降り方など、交通ルールはもちろんのこと細かく指導をいただきました。この学習を生かして、今後、自転車に乗ってほしいと思います。   

 

10月28日 1年生 生活科 あきさがし

 10月28日に、1年生は、教育の森で「あきさがし」をしました。地面に落ちている葉っぱや木の実などを一生懸命探し、紅葉したイチョウの葉やドングリを見付けることができました。学校に戻り、観察カードにまとめ、季節が変わることで植物の様子が変化することを学ぶことができました。

  

令和2年度運動会    10月18日

 

 10月18日日曜日、運動会を開催しました。

 今年度は、新型コロナウィルス感染防止の観点から、3部制での実施となりました。

 例年とは異なる形での実施でしたが、子どもたちは、どの子も一生懸命競技や演技に取り組むことができました。

 制限のある中、保護者の皆様には、朝から多大なるご協力をいただき心から感謝申し上げます。

 皆様のたくさんの拍手が子どもたちの大きな力になっていました。ありがとうございました。

   

 

4年生 自然体験教室 10月2日(金)

  4年生は荒川河川敷へ自然体験教室に行きました。

 天気にも恵まれ、良い自然体験教室日和りでした。

 子どもたちは、野鳥観察や昆虫採取、植物探しやカニ探しに魚観察など、様々な体験を子供たちが楽しみながら行っていました。

    

6年生 社会科見学 9月14日(月)、15日(火)

 6年生は、1・2組、3・4組の2クラスずつ、9月14日・15日の2日間にわたり、国会議事堂へ社会科見学に行ってきました。

   ガイドの方の案内により、国会議事堂内部や本会議場などを実際に見学することで、子どもたちは、1学期に学習した政治のしくみや国会の働きについて、改め   て学びを深めることができました。

 また、往復バスの車窓からは、日本の政治の中枢を担う官庁街の様子を見ることもできました。

 新内閣の話題真っただ中のこの時期に、貴重な体験をすることができました。

4年生 起震車体験 9月8日(火)

 9月8日(火)に起震車体験をしました。1学期の総合的な学習で、災害について調べ、また、社会科の学習で、自然災害における取り組みを学習した後の体験だったので、学習したことをさらに深めることができました。

 子どもたちは、震度7の揺れを体験して、ただ「怖かった」だけではなく、「これだけでこんなに怖いのだから、東日本大震災ではもっと怖かったんだなと思った。」とか「自分がどうすればいいのか考えさせられた」とか、「この揺れの中で、自分の身の周りのどういう所に気を付けなくてはいけないのか考えた。」など、具体的に考えることができました。この経験を生かして、家庭でも災害について考えてほしいと思います。

6年生 租税教室 7月27日(月)

小石川税務署と東京税理士会からゲストティーチャーをお招きして、税金の役割や私たちの生活との関わりについて教えていただきました。

分かりやすいお話や、動画・クイズを通して、子どもたちは、身近なところで税金がどのように活用されているかを理解し、その必要性について考えることができました。社会科で行った、国民の権利・義務に関する学習をより深めるとともに、税金の大切さを改めて実感する機会となりました。

   

1年 生活科 教育の森探検 7月27日(月)、29日(水)

 7月27日(月)には、1・4・5組が、29日(水)には、2・3組が、教育の森に夏の草花や虫を探しに行きました。子どもたちは、一生懸命に地面や木の上を見つめて、緑色のイチョウの葉やセミの抜け殻、蝶など、様々なものを見つけることができました。学校に戻り、気付いたことや感想を観察カードにまとめました。

        

 

ラジオ体操 7月7日・8日

体育「体つくり運動」の学習の一環として、ラジオ体操を学習しました。

全国ラジオ体操連盟指導員の田村恵美さんをお招きして、正しいラジオ体操の行い方をご指導いただきました。動きのポイントを大変わかりやすく教えていただき、子どもたちも意欲的に取り組んでいました。運動会に向け、今回ご指導いただいたことを振り返りながら、正しい動き方が身に付けられるようにしていきたいと思います。

今回は天候の関係で、1~4年の実施となりました。5・6年は2学期に実施する予定です。

 

防災学習(4年)7月6日(月)

窪町タイム「防災について考えよう」の学習で、防災学習を行いました。今年度は、残念ながら宿泊体験を実施することはできませんでしたが、「煙体験ハウス」「消火器訓練」「緊急ダイヤル体験」「体験学習(新聞紙を使ったスリッパ作り)」の学習を行うことができました。

子どもたちにとって初めて体験することが多く、改めて「防災」について考えるきっかけとなりました。この経験から、自分で調べ学習を行うテーマを決め、自分の身を守る方法について考えていきたいと思います。

 

菊作り  7月2日(木)

窪町タイム「菊博士になろう!」の学習で、保護者の方にもお手伝いしていただきながら、菊の苗の植え付けを行いました。

窪町小学校のシンボルである菊を一生懸命育ていこうとする子どもたちの意欲を感じました。

これから菊を育てていくなかで、学校のシンボルとなっている理由についても考えを深めていきたいと思います。

    

交通安全教室(1年) 6月26日(金)

 1年生は学校前の春日通りの歩道を歩き、信号を渡る練習を行いました。大塚警察の方が見守ってくださるなか、3、4人のグループで行動するのは緊張感がありました。子供たちは、無事に学校まで戻るとほっとしたようでした。今日の練習を生かし、交通ルールを守って毎日安全に登下校してほしいと思います。

        

入学式 4月6日(月)

晴れやかな青空の下、校庭で入学式を行いました。

背筋を伸ばして話を聞く1年生は、とても頼もしい姿でした。

かわいい1年生との学校生活を、教職員一同、とても楽しみにしています。