進路指導

本校では、生徒一人一人の個性や適性にあった進路指導に努め、生徒と保護者が明確な
将来像をもてるように、教員一丸となって、次のような指導を行っています。

進路・進路指導について
① 生徒一人一人に自らの生き方を考えさせ、将来に対する目的意識をもたせる。
② 生涯にわたって、自己実現を図ることのできる能力・態度を育成する。
③ 自分自身を見つめ、自己の個性・能力・適性を理解させ、目標を持たせることにより、
 主体的に自己の進路を選択決定する能力・態度を育成する。
④ 進路学習・体験学習を通して社会に目を向けることで、社会性を身につけさせ、
 望ましい勤労観や職業観を育成する。
⑤ 進路情報の収集・活用することの大切さを知らせ、それらの情報を正確に読み取り、
 活用できる能力・態度を育成する。
⑥ 多くの人に支えられ、よりよい進路選択が可能になることに気づかせ、感謝の気持ちを
 もたせるとともに、大人・社会人としての自立の精神・決意を持たせる。

学習指導
① 朝読書・終学習の実施
② 定期考査前の質問教室、終業式・修了式後の学習相談
③ 夏季休業中・放課後を中心とした補充教室の実施
  ・理解できなかった内容のある生徒を対象とした教室
  ・質問のある生徒を対象とした教室
  ・夏季休業でしかできない内容を中心に学習する教室 など
④ 放課後の図書室を利用した、自習教室の開設 (水曜学習室・定期考査自習室)
  □水曜学習室 → 基本毎週水曜日
  □定期考査自習室開室 → 各定期考査前1週間
⑤ 英語・数学検定の校内での実施および対策教室の取り組み
  英検 年3回 :第2回は公費で全員受験
  数検 年2回
⑥ 領域診断テスト・学力調査・授業アンケート等の結果を利用した授業改善プランの
  立案および実践

進路説明会

  第1回 進路説明会  6月の土曜公開日に実施

  第2回 進路説明会 10月の土曜公開日に実施

進路実現

卒業生の進路について
 お子様の今後の進路を考えていく上で参考になればと思い、
過去3ヵ年の進路先をご報告させていただきます。

過去3ヵ年のおもな進路先一覧