ページの先頭です

ホーム

◆ 校長挨拶

 文京区立本郷台中学校長の江熊 秀昭(えぐま ひであき)です。

本校では、4月6日に始業式、7日には76名の新入生を迎えて入学式を

挙行しました。令和4年度、8学級265名の生徒でスタートしました。

新型コロナウイルス感染症については、引き続きマスク着用、手洗い、消毒に加えて、健康観察を徹底するなどしながら、ご家庭や関係機関と連携し、可能なかぎり予防対策を講じて、教育活動を進めてまいります。

本校の目指す理念は次の二点です。

「生徒、教職員、保護者が幸福を感じられる学校」

自分の幸福を求めるだけでなく、誰でもが幸福になれるように譲り合い、理解し合うことが重要です。そのために意見を出して話し合い、みんなが幸福を感じられるようにします。

「学ぶ楽しさを知り、夢や希望を育む学校」

目標や好きなことについて学ぶことは楽しく、もっと学ぼうとする意欲が出てきます。夢や希望は学ぶことで、近づきます。生徒、教員の夢や希望を育むようにします。

地域の方々、卒業生が築いた伝統を土台として、生徒、教職員、地域や保護者の皆様が幸福を感じ、夢や希望を育む学校を築くために、生徒と教職員が話し合って活動していきます。是非、ご理解、ご支援、ご協力をお願いいたします。

令和4年4月