30日(木)に、3年生の地域安全マップづくりを実施しました。フィールドワークを行い、防犯の視点から安全な場所・危険な場所(状況・環境)をそれぞれ探しました。児童は人通りの多さや、街灯の数に着目して記録を残したり、写真を撮ったりして取り組みました。実施にあたり、地域支援本部を通して保護者の方々がボランティアとして参加してくださいました。ボランティアの皆様に引率や安全確保をしていただき、児童は安全に活動することができました。ご多忙の中ご協力いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。本日気付いたことをまとめる中で児童が危険を予測し、安全に生活する力を高められるようにしていきます。

 

 

 

 

 11月24日、25日に展覧会を実施しました。各学年が図工の平面作品、立体作品、共同作品を、5・6年生はさらに家庭科の作品を出展しました。児童は自分の思いや想像したことを工夫して作品に表しました。両日とも、午前中は児童観賞の時間とし、異なる学年と一緒に鑑賞を行いました。児童が自分の作品のよさを伝えたり、友達の作品に込められた思いに気付いたりする機会になりました。午後の保護者鑑賞の時間には、大変多くの方々にお越しいただき、大盛況な展覧会となりました。
 ご多用な中ご来校いただきました保護者の皆様、地域の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 11月22日(水)に、6年生を対象とした薬物乱用防止教室を行いました。この特別授業では、大塚警察署の方々をお招きし、薬物等が体に及ぼす害や周囲への影響についてのお話を聞いたり、薬物等の標本や説明パネルを見学をしたりしました。健康についてより深く考えることができ、子どもたちの未来に関わる貴重な学習となりました。

 

 11月20日(月)の全校朝会で、児童の表彰を行いました。表彰は、「税の標語」で入選した児童の表彰です。校長先生から賞状や副賞を授与され、全校児童からの大きな拍手を受けました。

 

 

 

 11月13日(月)の全校朝会で、児童の表彰と展覧会のスローガン発表を行いました。表彰は、「交通安全ポスター」で優秀賞に入賞した児童と、「税の絵はがきコンクール」に入賞した児童の表彰です。児童は一人ずつ校長先生から賞状や副賞を授与され、全校児童からの大きな拍手を受けました。
 展覧会のスローガン発表では、計画委員の児童が、手づくりの掲示物を使って今年度のスローガン「見つけよう 自分のいいな みんなのいいな」を発表しました。ここでも盛大な拍手がおき、展覧会への意気込みが感じられる会となりました。

 

 

 

 11月10日(金)に、2年生が生活科の学習の一環として、町たんけんに行きました。地域のお店や施設等、15ヵ所にご協力をいただき、児童が自分で探検場所を選択し、それぞれのグループに分かれて見学しました。インタビューや見学を通して、お店の方の思いを知り、より一層地域に親しみをもつことができました。
 ご協力いただきました、お店や施設の皆様、引率の保護者ボランティアの皆様、ありがとうございました。

 

 

 11月10日(金)に3年生の社会科見学を実施しました。初めての社会科見学となる今回は、電車に乗って、シビックセンター展望台、源覚寺、文京ふるさと歴史館などに行きました。文京ふるさと歴史館では、案内の方のお話を聞いて大事なことをメモに残したり、静かに展示を見たりして文京区の地形や歴史、昔の生活の様子について学び、自分たちの住む文京区の様子をよく知ることができました。行き帰りの歩道の歩き方や電車の乗り方もマナーを守り、中学年としての立ち振る舞いが見られた社会科見学になりました。

 

 

 

 

 

 

 11月2日(木)に6年生の社会科見学を実施しました。見学先は国会議事堂(参議院)、JICA地球ひろばです。
 国会議事堂では参議院の本会議場や御休所等を見学し、別館にて、委員会や本会議についてロールプレイ形式で体験する、特別体験プログラムに参加しました。JICA地球ひろばでは、SDGSについてや発展途上国の生活等を、見学やJICA職員の体験談を通して学びました。担当の方の説明を熱心に聞いたり、メモをとったりして見学に臨む様子が見られ、児童とって貴重な体験や学びになりました。また、小学校生活最後の校外学習にふさわしい一日となりました。